看護師のキャリアパスとクリニカルラダー

看護師としての仕事の経験を積み重ねながら、次第に能力や地位を高めていく一連の流れのことをキャリアパスと言います。パスの設定により目標がより明確となり、仕事への意識が高まるため、高いモチベーションの中で勤務を行いスキルを高めることが可能となります。

キャリアに即したラダー設定が必要

病院経営において最も大切なポイントのひとつは看護師の確保です。どの医療機関でも看護師をどうやって集めて、いかに辞めさせないかに頭を悩ませていますが、その対策の胃hとつとしてキャリアサポートがあります。研修費用負担や研修期間中の身分保障など、看護師のキャリアパスを支える体制を整えることで、スタッフの定着を図る医療機関も増えてきました。

一方、クリニカルラダーとは、「レベル1:初心者→レベル2:新人~」というように臨床実践能力を段階的に示したものです。特に看護職におけるキャリア開発を組織的に実践するうえでの重要なツールとなっています。

看護職も経験を重ねてくると、専門分野を極めたい人、マネジメントに携わりたい人、現場の勤務にこだわりたい人など、自分のこれからのキャリアプラン、将来像も多様化してきます。多様化するキャリアを画一的なラダーでフォローするのは限界があり、キャリアごとに異なる必要なスキルなどに応じたラダーを用意する必要があります。

最初の何段階かは統一されたものであっても、ある段階から枝分かれした、より希望するキャリアに即した実践的な内容のラダーを設定する複線型人事制度の構築が管理者側には求められます。

術前に看護師が入手する患者の情報

麻酔を理解することは手術室看護師にとって、はじめの一歩です。全身麻酔と局所麻酔の違い、術中の注意点、合併症に対する注意点は?などの疑問を現場でよく耳にします。術前には手術内容、部位、体位を確認しておくことは最低限必要です。それらの情報を元に、それに応じた手術台や器械を確実に準備しておきます。

循環器科

患者が入室して麻酔を開始してから、術者に「この手術台や器械ではオペは無理」と言われ、位置から準備をしなおすのは、患者にとって危険なことです。このようなやり取りで無駄な時間が費やされるのは避けなければなりません。患者のためには、術中の無駄な時間を避けることが求められます。

合併症には心臓、肺、腎臓、内分泌・代謝疾患など、様々なものがあります。多くの看護師が一番苦手なものとしてあげるのは、心臓です。心疾患を合併するといってもその範囲は広く、代表的なものは虚血性心疾患、弁疾患、不整脈、ペースメーカー挿入中などが挙げられます。患者の高齢化に伴い心疾患合併患者の手術は増える一方です。